吉澤 舞子

 

Maiko Yoshizawa

art work

 

活動予定/ 10/22日渋谷のラジオ出演/10/28~2018年5月11日第14回三井不動産商業マネジメント・オフィス・エクスビション展/11月22日~26日舞台/11/15~23日米谷清和退職記念展(多摩美術大学美術館)/12/4~9日米ちゃんありがとう展2(アートスペース羅針盤)/「青森県のせむし男」ボディーメイクを担当(東京/ザムザ阿佐ヶ谷)12月9日~17日個展(青山/くにまつ画廊)

 ←詳しくはNEWSより

Ⓒ2014 Maiko Yoshizawa. All Rights Reserved.

このサイト内にある作品画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。

 

1987    千葉県生まれ

2008  女子美術大学短期大学部造形学科絵画専攻 卒業

    多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻 三年次編入

2012  多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画研究領域 修了

個展

2012  吉澤舞子展(東京/アートスペース羅針盤)

2013  吉澤舞子 個展(東京/銀座藤屋画廊)

2015  吉澤舞子展 フィラメントパーツ(東京/英会話カフェ FABulous

2016  吉澤舞子個展 日々のうた(東京/SPACE M)

グループ展

2009     雪梁舎美術館フィレンツェ賞展(新潟/雪梁舎美術館、神奈川/横浜赤レンガ倉庫)

         多摩美術大学日本画科卒業制作展(東京/東京銀座画廊メルサ銀座)

         五美術大学卒業制作展(東京/国立新美術館)

2011   廻展(東京/銀座藤屋画廊)     

2012     渺渺展(東京/東京銀座画廊)

         6femmes2(東京/アートスペース羅針盤)

2013    it展(東京/文京区役所)

2014     あく・がる[憧る]展(東京/千代田アーツ3331・アキバタマビ21)

     渺渺展(東京/東京銀座画廊)

     風の会展(新潟/雪梁舎美術館)

     未来展(東京/日動画廊)

     Terrada Art Award 入選者展(東京/寺田倉庫T-Art Gallery

2015   杉澤友佳、吉澤舞子二人展 イワクイイガタシ(銀座ゆう画廊)

     渺渺展(東京/東京銀座画廊)

     女流画家展vol.2(東京/アートスペース羅針盤)

2016      RAZZLE DAZZLE(ニューヨーク/A.I.R GALLERY)

     Sakura Group(東京/MDPギャラリー)

          META real(神奈川/神奈川県民ホールギャラリー)

     渺渺展(東京/東京銀座画廊)

     企業コラボアート(東京/MDPギャラリー・美容院kisai)

2017   たまらなくかわいいアート展(東京/新宿伊勢丹)

     渺渺展(東京/東京銀座画廊)

     渺渺展小作品展(東京/銀座 ギャラリー和田)

イベント

2015   パフォーマンスイベント「曇天の渦」(東京/英会話カフェ FABulous

2016   パフォーマンスイベント「サファイアの角」(神奈川/神奈川県民ホールギャラリー)

     我孫子国際野外美術展パフォーマンスイベント(我孫子/我孫子市民の森、竹林)

 

入選、受賞

2009   雪梁舎美術館フィレンツェ賞展ビアンキ賞 受賞

2011   一か月のフィレンツェ研修滞在

2013   第13回福知山市佐藤太清賞公募美術展 入選

2014   第1Terrada Art Award  入選

2015      ART AWARD NEXTⅢ 入選

収蔵

2009   新潟県雪梁舎美術館

 

< ステートメント >

生殖と官能をテーマに制作をしています。

感覚として、ナルシシズムを満たす行為を官能、方法として、欠如したものを取り入れる行為を生殖と考えます。私にとって、制作する動機とそれらの行為は、非常に近しいものを感じてやみません。

 

日常を送るなかで、私は事柄の大小問わず、受け入れ難い現実に何度となく直面します。

この現実とは、時の流れと共に物や感情、思考の形が変わっていくことにより引き起こされ、悦びと悲しみ、安堵と焦燥、諦めと執着などという、いくつもの矛盾が心に生じます。

それによって揺らぎ、崩れゆくアイデンティーの再構築を目指して、自らに欠けたものについて問答し、求め、吸収したいという激情に駆られます。この一連の流れは、私にとって一種の遊戯性を孕み、官能を促します。そして、その感覚を他者と共有したいという願望が制作をする動機となり、現実やその中で関わる他者との生殖行為によって、作品が生まれます。

 

Maiko Yoshizawa was born in Chiba Japan.

After graduating Joshibi University of Art and Design Junior College, she transferred to Tama Art university BFA in Japanese Paintings as junior and finished MFA in 2012.

Her specialty is Japanese paintings using mineral pigments on Japanese papers.

Currently, she is putting exhibition around Tokyo and also making a lot of effort to create “new collaboration” such as the stage of body painting and dance performance.


|CV|
  1987
 Born in Chiba, Japan
 2010
 BFA of Japanese Paintings / Tama Art university
 2011 
Study paintings as the praise of museum/ Firenze, Italy
 2012 MFA in Japanese Paintings / Tama Art university

 

 Awards
 2009  "12th Setsuryosha Art Museum Award",Bianchi prize
 2013  "13th Sato Taisei Prize Art Exhibition in Fukuchiyama" 
 2014  "
1st Terrada Art Award"
 2015  "ART AWARD NEXT
"

 

 Solo Exhibitions
  2012
 "Maiko Yoshizawa Exhibition” Art Space Rashinban, Tokyo 
 2013  "Maiko Yoshizawa Exhibition” Fujiya Gallery, Tokyo
 2015  "Filament Parts" Art Gallery & English FABulous, Tokyo

 

 Group Exhibitions
 2009
 "Young Artist Exhibition" Sankei Metro Square, Tokyo
 2011  "Kaiten" Fujiya Gallery, Tokyo
 2011  "NIHONGA-HANGA Exhibition" Sato Art Museum, Tokyo
 2012  "Byou-Byou Exhibition" Gallery Ginza, Tokyo
 2012  "6femmes2" Art Space Rashinban, Tokyo
 2013  "Be it Exhibition" Bunkyo City Office, Tokyo
 2014  "AKU
GARU" Akibatamabi21, Tokyo
 2014  "Wind Exhibition" Setsuryosha Art Museum, Niigata
 2014  "Mirai Exhibition" Galerie Nichido, Tokyo
 2014  "Woman painter Exhibition" Art Space Rashinban, Tokyo
 2015  "Yuka Sugisawa,Maiko Yoshizawa,IWAKUIIGATASHI" Gallery YUU, Tokyo
 2015  "Byou-Byou Exhibition" Gallery Ginza, Tokyo

 

 Events
 2015 
"Butoh&Body collaborateon of body painting and dance performance”

Art Gallery & English FABulous, Tokyo

 

 Collection
 2009  "bind" Setsuryosha Art Museum, Niigata

 

|STATEMENT|
Working on the theme of reproduction of self and carnality. 
An act of fulfilling narcissism is sensual and involves the act of gathering things that are lacking. 
For me, these acts are very close to a strong desire to create. 
Time and time again, I have faced an unacceptable reality in daily life. This type of reality comes about due to changes in thoughts and feelings with the passage of time: joy and sorrow, relief and irritation, reconciliation and contradiction, etc. 
I therefore am aiming to rebuild my collapsed identity. In order to do this, I’m discussing the things I am missing within myself and am seized with the passion to recreate myself. 
This process is fraught with a kind of game-like quality for me, and promotes sensuality. 
And so I have the motivation to share these senses with others.By the act of reproduction in relation to reality, I produce works.